FC2ブログ

考えに考えて。

興味があるもの・ことについてかいてます。主にバイク→バリオス2と自転車→N1.0S関連。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイヤチューブ交換

いやぁ、今日はいい天気でした。


写真でも撮りにいこうと、自転車に乗る準備。

タイヤに空気をいれてポンプを抜こうとしたら、


プシューーーーーーーーーーーーーー!


盛大に空気が抜ける音。



アレじゃないですか。社会への反抗を歌ったヤツ。


パンク。







そのまま徒歩でチューブを買いに行きました。

こんなとき、歩いていける範囲にスポーツ店があると便利ですね。



で、買ってきたのがこれ。
nolly_tire_1.jpg

サギサカのチューブとパンク修理セット。

タイヤレバーだけでよかったのですが、単体で売ってなかったので

修理セットも購入。

ほんとはパナレーサーがよかったなぁ。なんとなく。




準備もできたのでさっそく交換。


nolly_tire_2.jpg


リアタイヤをはずして片側のビードを落としたところです。

交換の仕方は、サイクルベースあさひのメンテナンスマニュアルを参考に。
http://www.cb-asahi.co.jp/html/size/top-maintenance.html


手順に従ってやれば、簡単にできました。

昔、先輩がカブのチューブ交換するのを手伝った(ほぼ見ていた)こともあるので。





が、問題はその後。




はずすのは簡単だったリアタイヤ、


どういう風につけるんだ???





いろいろ考えたあげく、

1.逆さになってる自転車の上からタイヤを取り付け位置にもっていく

2.そのときに、チェーンを手でシートの方向に引っ張っておいてリアのギアに引っ掛ける

という手順で取り付けました。


チェーン触らないで取り付ける方法はあったのだろうか…




これで無事タイヤの取り付け完了、完成!

かと思いきや。


ギアチェンジのチェックをしたら、案の定うまくいかない。


リアディレイラーの調整も必要か…


というわけで、今度はシマノの取り付け図を参考に。
http://cycle.shimano.co.jp/publish/content/global_cycle/ja/jp/index.html

適当にDEOREとかのページを開いて、リアディレイラーのところにあるPDFを見ます。


書いてある手順どおりに順番に確認していくと、

シフトワイヤーを調整したところで納得のシフトフィーリングに。


なんやかんやでかなり時間がかかったけど、チューブ交換できました。

ちなみにパンク箇所は、バルブの付け根でした。




そういえば空気を入れ終わったあと、ポンプが抜けなくてゴリゴリした記憶が…笑

ポンプを深く差し込みすぎたせいですね!


今後ゴリゴリ禁止!


さ、これで出先でパンクしてもあわてずに済みますね。



今後のためにパナレーサーのチューブをストックしておきます。


ちなみにパンク修理についてですが、

パッチで穴をふさぐ手間を考えたら、

チューブごと交換してしまったほうが早いと思います。

そんなに高いものでもないので。(今回買ったのは699円)




いざというときに困らないように、

一度チューブ交換は経験しておくとよいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://techandmary.blog50.fc2.com/tb.php/65-8b164491
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。