FC2ブログ

考えに考えて。

興味があるもの・ことについてかいてます。主にバイク→バリオス2と自転車→N1.0S関連。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マシンの限界が見えてしまって

ドラムは打ち込み、弦楽器は手弾きでやっているので、

宅録ではアンプシミュレータが大活躍。


ZOOMのZFX Plug-inを使用しています。

安くて音も十分。ギターだけでなくベースアンプもあります。

とりあえずいろいろな音を出したい場合にはもってこいです。


1曲でcubaseの内蔵エフェクトとZFXを複数立ちあげることになりますが、


前回書いたRoomWorksは基本的にアウト
(ZFXと併用でがぜんパフォーマンスが落ちる)、

ZFXも4つめくらいからだんだんしんどくなってくる…


マシンスペックは

CPU:Pentium D 2.80GHz
メモリ:3GB
オーディオインターフェイスはZFX付属のS2t。

タスクマネージャでパフォーマンスを見ても、

CPU使用率が90~100%。


はぁ。


単純なパワー不足ですか。


どのくらいのスペック用意したらいいんだろうか。



とりあえずはなるべくZFXを含めエフェクトを使用せずに、

PCへの入力前に音を完成させておく、か。


根本的な解決になってない。。。


newマシン購入か!?
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。